メルカリの全てをデザインする|デザインチームの紹介

初めまして!メルカリ デザインチームの鈴木です。

デザインチームには現在、日本に6名、アメリカに2名のデザイナーが在籍し、メルカリに関わるすべてのデザインを担っています。 今回は、mercan(メルカン)にデザインチームが登場する初めての記事ということで、私たちのチームについてご紹介したいと思います。

メルカリデザインの考え方

f:id:mercarihr:20160530175253p:plain

メルカリは日米合計3700万DLを誇る日本最大のフリマのアプリです(※2016年5月時点)。

デザイナーにとって、誰に向けたサービスなのかというのは大きな要素だと思いますが、日本だけでなく、アメリカ市場でも挑戦しているサービスに関われるというのは、貴重な環境だと思います。

メルカリでは、会社として「GO BOLD」というバリューを掲げているとおり、会社として大胆に挑戦する・チャレンジすることを大切にしています。デザイナーとしても、日本向けに作っているだけでは出会わない状況も多いのですが、そういった状況にも臨機応変に対応しつつ、オーナーシップを持って進めていく必要があります。

例えば、見た目の部分は、国ごとの文化・環境に大きく左右されるので、文字やグラフィックの部分を始め、日本版とアメリカ版では差別化しています。

f:id:mercarihr:20160530175359p:plain

メルカリではUS事業に注力しており、デザイナーの仕事ももれなくUSアプリに関するタスクが多い状態です。例えば主な仕事は下記のような形になります。

  • アプリのUIデザイン
  • キャンペーンランディングページデザイン・バナー
  • ブラウザ版メルカリ
  • 配送インフラ関連のデザイン・コミュニケーション(らくらくメルカリ便など)
  • Emailデザイン
  • リアルイベントのチラシ
  • ステッカー、Tシャツ、パーカー、メルカリ水などのノベルティ
  • ロゴ、コーポレートサイトなどの株式会社メルカリに関わるデザイン
  • メルカリプロダクトとしてのデザインだけでなく、会社全体のデザイン

終わりに

いかがでしたでしょうか。
これからもmercan(メルカン)を通じて、メルカリ デザインチームの取り組みなどをご紹介していけたらと思います。

メンバーそれぞれが得意分野を持っているメルカリのデザインチームはまだ始まったばかり。 そして誰も取り組んだことのない問題に取り組める、エキサイティングな環境です。

メルカリでは引き続きデザイナーを募集中です!

www.mercari.com