メルカリマーケティング担当者が語る期間限定「mercari cafe」の裏側!

こんにちは。マーケティンググループの清野です。

以前の下記の記事でもご紹介しましたが、7/20〜8/20までの期間限定で、原宿のアパートメントカフェとのコラボ企画「mercari cafe」をオープンしています!

mercan.mercari.com

メルカリ仕様の内装、外装は勿論のこと、メルカリCSスタッフが常駐し、サービス体験でノベルティがもらえる「mercari play booth」やオリジナルメニュー等、お楽しみいただける要素を盛りだくさんでお待ちしておりますので、まだご来店されていない方は、是非一度お越しください!

f:id:mercan:20170809201859j:plain

さて、このメルカリカフェ企画については発案当初から担当として携わり、店舗選定の為の下見から始まって、装飾等の施策を企画段階から担当させていただきました。

今日はこの場を借りて、本企画の目的準備内容オープン後に感じた事等を書かせていただきたいと思います。

mercari cafeの目的

まず、 メルカリとしてカフェをオープンしたい!という企画が立ち上がった時に、施策の目的を下記の様に決めました。

アプリやweb以外のリアルな場所で、メルカリとユーザーのタッチポイントを作る」ことに尽きます。(そのままではありますが・・・)

この事を通して期待出来る効果としては、下記です。

「メルカリがリアル店舗!」というニュース醸成とPR露出
  よりニュースバリューを作る為に、オープン初日の7/19には、加藤一二三さん、三戸なつめさんにご来店いただき、PRイベントを実施しました。

ファッション感度が高い方への認知UP
  流行に敏感な方が非常に多い原宿・表参道エリアでの露出を通して認知度を高める。

ブース内の活動(サービス説明、ノベルティ)を通して、メルカリを使って頂くきっかけ作り
  今までメルカリを利用した事がなかった方に対して、利用して頂くきっかけ作りに。
  また、サービスについての悩みごとをスタッフに相談する事で、ユーザー満足度向上に貢献。

実際に企画が動き出して、まずは店舗視察に行きました。

元々は既存カフェ店舗様とのコラボではなく、実際に空き店舗を借り、一からオリジナルなカフェを作りたいと考えていました。

メルカリでは毎年全国各地で実施しているリアルフリマをはじめ、定期的にリアルな場所でのイベント等も行っていますが、メルカリのサービスを体現出来、情報発信の拠点となる場所を都内に設けたいと考えていました。
様々な候補地を下見に行きましたが、条件に合致する場所が見つからなかった事から、既存のカフェとコラボレーションをする方針に切り替えました。

その後、既存のカフェを数店舗下見に行きましたが、最終的にコラボレーションに至ったアパートメントカフェ様は、交通量(とターゲット含有率)、店舗のサイズ共に申し分無く、すぐに今回の企画のお話をさせていただきました。

オープンしてからの感触

オープンしてから実際に店頭で感じた事としては、下記です。

年代、性別問わないメルカリ知名度の高さ
メルカリは知っているけれど、利用したことの無い方の多さ

1は、店内及び店頭で「あ、メルカリだ!」「そういえばこの間メルカリで〜」とういうお声をたくさん聞き、改めてメルカリが皆さんの日常生活に近い位置にある事を認識しました。

2は、mercari play boothに「使った事ないんだけど、やってみたかったんです」というお声が多いと、駐在するCSスタッフからも聞いています。 そういった方にとっては、スタッフが相談にのってくれる事は勿論、出品・購入体験でノベルティがもらえるmercari play boothは効果のある施策であると、感じています。

f:id:mercan:20170809201628j:plain

今回のメルカリカフェは1ヶ月の限定ですが、また近いうちにどこかに出現するかもしれませんので、ぜひお楽しみに!

また、様々な形でメルカリを広めるマーケティング担当者も絶賛募集中です!

マーケティング/ Marketing / メルカリ