メルカリの経理と税務って何してるんですか→お答えします。

こんにちは。コーポレートプランニンググループ Accounting/Taxチームの津田です。今回はメルカリにおける私たちのチーム(経理および税務)の役割とメンバーの紹介をします。

業務内容

月次や四半期、年度での決算や税務申告の他、国内・海外グループ会社との連結決算やIPO準備としての開示資料作成などを行なっています。

会社としてお金に関わることを基本的になんでもやっているチームです。

大切にしているバリュー

All for One 全ては成功のために

普段から会社のミッション・バリューに沿った行動を心がけていますが、その中でも「All for One 全ては成功のために」を特に重視しています。

経理や税務業務のアウトプットは決算書や税務申告書等、株主や会社経営にとって重要なものであるため、その内容は正確である必要があり、業務を行うにあたっては社内で一定のルールを設けたり、正確性を期す為に社内外のプロフェッショナルと検討・整理する時間が必要になることがあります。

しかし、その結果として会社全体のスピード感が失われてしまうこともあると思います。やはり、お客さまの期待を超え、会社として成功することが最も重要なことなので、Accounting/Taxチームでは社内外にアンテナを張って必要な情報をリアルタイムで仕入れ、コミュニケーションが円滑に進むようにしています。結果として後回しすることなく論点の整理や不明点を解消できるようにしてます。

具体的なプロジェクトとメルカリAccounting/Taxチームの特徴

メルカリというProductそのものが「お金」に大きく関わっているからこそ、私たちのチームが携わるプロジェクトも多岐にわたります。

お客さまに価値を提供しプロダクトそのものの成長に貢献

メルカリでは2017年6月から試験的に一部のお客さま向けに「メルカリ月イチ払い」という機能をリリースしました。この機能を使うと、商品の購入代金を毎月1回にまとめて翌月に支払うことができます。

この機能の導入にあたっては、プロデューサーやソフトウェアエンジニアを中心とした開発チームが組成され、仕様の検討や機能の開発、パートナー企業様との交渉が行われました。Accounting/Taxチームでも担当を決め、早々にSlackのチャンネルへ入り積極的に情報の収集・課題の早期発見・不明点の解消に努めました。

結果として、債権情報の管理や貸倒リスクの算定など会計処理に必要な情報や資金繰りに与える影響をタイムリーに把握でき、開発チームに負担をかけ過ぎない形で機能のリリースにつなげることができました。また、開発段階から関わることで、リリース後にスムーズにKPIや損益の分析ができたり、税務の観点からも効率的な商流を設計することができました。

日本国内外の新しい取り組みにもコミット

メルカリの経理は海外を含むグループ会社に関わる業務に携わるのも大きな特徴かもしれません。ソウゾウではなんでも募集できる地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」やシェアサイクルサービス「メルチャリ」など、様々な新規事業が企画・開発・運営されています。

新規事業を始めるにあたっては、収益性や資金繰りのチェックをしたり、会計処理・税務リスクを検討し、開発チームと共にプランニングしていきます。新規事業の特性上、時には全く新しい会計処理や複雑な論点が出てくることもあり、スピード感を意識しながらも内容によっては会計監査人や外部の専門家と協議しながら慎重に進めていきます。

上記だけでなく、会計システムや社内のワークフローの刷新、他グループとの協同予算策定、メンバーが主体的にスキルを習得し、匿名化されたデータベースを基にSQLを叩いて損益に影響を与える各種指標を分析したりしています。

税務では、海外進出時・投資実行時の税務リスクを検討、海外グループ会社(San Francisco/London)の決算や税務申告について関係各所に現地でヒアリングしたり、各人が様々な業務に取り組んでいます。

メンバーについて

f:id:mercarihr:20171114203022j:plain

現在は8名です。職歴としては事業会社で経理をやっていた人が最も多く、監査法人や税理士法人で働いていた人もいます。20代中盤〜30代前半の若いメンバーで和気藹々と仕事をしています。

メルカリにJOINした理由を聞いてみると、皆から「裁量を幅広く持って仕事をしたかった」という意見が聞こえてきました。経理や税務は職業柄役割が固定化しやすく、同じ仕事を繰り返しやることに危機感を持っている人が多いのではと感じています。

メルカリでは、会社の規模が急激に拡大したり新たな国・領域でのサービスが頻繁に生まれるため経理・税務としてプランニングしていくのは大変ですがその分やりがいもあります。

今後やりたいこと

今後は予算と実績の比較分析や業務の効率化、決算の早期化に力を入れていきたいと考えています。

早さ・正確さを追求していく上で、従来の経理業務とは異なるアプローチも検討しています。例えば社内のソフトウェアエンジニアの手を借りながら、経理メンバー自らGoogle Apps Script等を用いた定型業務の自動化を積極的に行っています。

また、会社として世界で戦っていくというマインドがあるため、グローバルな視点での税務プランニング、税務マネジメントについても力を入れていきたいと考えております。各拠点にて適切な納税・申告を行うことは当然ですが、不必要な税務コストが生じないためのプランニングやモニタリングを強化して、国際競争力を高めていきたいです。

会社が大きくなっていくにつれて、様々な場所で様々なことが起きています。それらを数字として集計して経営陣や投資家、社内の各部門の意思決定に役立つデータを作るのがAccounting/Taxチームの役割なので、会社が大きくなればなるほどやりたいことが増えていきます。

もっとたくさんの人に入ってきて欲しいです!

採用中です!

メルカリのAccounting/Taxチームは常に採用中です。もっと幅広い業務をやってみたいと思っている事業会社経理の方、監査法人や税理士法人で働いていて事業会社の中で働くことに興味を持っている方、ぜひご応募ください。

経理(Accounting)|株式会社メルカリ

税務(Tax)|株式会社メルカリ

また、来る11月21日にはメルカリのFinance/IRグループ、Legalグループ、Payroll/Benefitチームと共にイベントを開催します。メルカリの事業を、時には支え時には牽引するコーポレート部門が描く未来や業務内容について、トークセッションも交えてお伝えします。メルカリのコーポレート部門のことをより良く分かっていただける機会になりますので、こちらも、ご応募お待ちしております。

mercari.connpass.com