社員の健康を支援する『mercare(メルケア)』を導入しました。

こんにちは!コーポレートプランニング(CP)グループ Payroll/Benefitチームです。

この度、健康に関する施策や制度として、新たに「mercare(メルケア)」をスタートさせました。 今回のmercanではmercare(メルケア)導入の背景や内容をご紹介したいと思います。

導入の背景

「最近、運動する機会がなくなった」「健康診断の項目の数値で少し気になるところがあるけど、誰に相談したらいいかわからない」「体調が悪いけど、何科に行けばいいのだろう」こんなふうに健康に関して疑問を持ったり、気にかけている人は多いのではないでしょうか。

そんな不安を会社が解決の糸口となり、メンバーがよりGo Boldに働ける環境をつくりたいという思いをこめ、mercare(メルケア)は生まれました。 また、今よりもプラスの健康状態を目指すことを支援するため、ダウンサイドリスクを抱える社員をサポートするmerci boxではなく、今回新しい制度としてmercare(メルケア)の導入に至りました。

mercare(メルケア):名前の由来

careには大切にする・気にかけるという意味があります。社員自身が健康について意識して積極的にケアしてほしい、また、会社としても社員をサポートしていきたいという意味がこめられています。

内容について

元々行っていた健康診断やインフルエンザ予防接種に加えて、以下施策を開始しました。 f:id:mercan:20171211101501p:plain

今回はすべてを紹介できないので、主に相談窓口についてご紹介させていただきます。 まず、積極採用をしている日本語以外を母国語としたGlobal memberに対応するため、12月より産業医面談が英語でも対応可能となりました。

特に日本語が得意でない社員にとって、つたない日本語で病院に通うのは気が引けるし、軽い病気の場合や違和感がある場合などは我慢しがちです。英語を話すことが可能な産業医を導入することにより、英語を使ってより具体的に、些細な事から産業医の先生に相談することができ、業務に集中できる環境を整えることができました。

次に、オンライン医療相談(株式会社メディカルノート提供)がメルカリ社員であれば無料で利用できるようになりました。 スマホやパソコンから気軽に医師に相談ができ、また自分のこと以外にも、お子さんを含めたご家族のことでも相談可能です。 ネットで検索すれば何でも出てくる時代。情報が溢れすぎてどの事象が自分に当てはまるのか判断しにくく、不確かな情報もあるため具体的な話を医師に相談できるサービスを利用していただくことでより安心して働ける環境を構築していきたいと考えています。

mercare(メルケア)は今回ご紹介した内容に留まらず、社員のライフスタイルや悩みに沿ってサポートしていく制度です。社員の声を吸い上げながら、会社のValueを体現できる環境をこれからもつくっていきたいと思っています。

Benefit(ベネフィット)

Payroll(労務)