今の若者は、何を基準に買い物するの?#消費変貌 セミナーを主催したよ #メルカリな日々 2018/4/17

こんにちは、PRチームのsuzumariです。

昨日は、メルカリ主催で 『消費変貌 “売ることを前提にモノを買う” フリマアプリ時代の消費行動とは』というセミナーを開催しました。

今回のセミナーは、弊社社長の小泉に加えて、こちらの3名に登壇していただきました。

f:id:mercan:20180417161757j:plain

  • 慶應義塾大学准教授 山本晶さん(写真左)
  • 株式会社gumi-gumi CEO 軍地彩弓さん(写真中央右)
  • 株式会社ウツワ代表取締役 ハヤカワ五味さん(写真右)

若者の消費トレンドの変化、そしてその変化に企業はどう対応してべきか、というテーマに対して各業界の視点からディスカッションが行われました。
ちなみに今回のセミナー、Twitterのハッシュタグ#消費変貌で実況レポートを見ることも可能ですよー!

少しだけセミナーの内容をご紹介しますね。

第1部 「ショッピング=新品」はもう古い フリマアプリがもたらしたあらたな“価値”とは

f:id:mercan:20180417161750j:plain

第1部は山本先生と小泉さんの対談スタイルです。
最近の消費行動として、リセールバリューを加味して購入することなどが会話に上がりました。

f:id:mercan:20180417161756j:plain

また、小泉さんから「消費者は自分のお店を持ったような感覚。売買が成立した事実で承認欲求が満たされている」という話がありましたが、本日の朝日新聞、フリマアプリ 買い物は「所有」から「共有」へでも同様の内容が取り上げられています。

第2部 「新品離れ」「ワンショット消費」・・変わりゆく若者のトレンド アパレル業界の対抗策は?

f:id:mercan:20180417161755j:plain

第2部は小泉さんと軍地さん、ハヤカワさんの鼎談です。
軍地さんとハヤカワさんは、今後のアパレル業界について「プロダクトやブランドのストーリーを深めていくことが大切だ」とお話されていました。

最後に、小泉さんの「本質的なモノに価値が残っていく時代になっていく。様々な産業がリデザインされていくのではないか」という言葉でセミナーが締めくくられました。

今後もメルカリは様々なセミナーを主催していく予定ですので、その際はまたメルカンでお知らせしますね。

それではまた、明日の#メルカリな日々で会いましょう。