「一緒にメルカリを創ってきたみんなへ」山田進太郎がもうひとつの手紙を書いた意図(動画あり)

こんにちは! PRチームのsayoです。

先日の #メルカリな日々でお知らせしたとおり、メルカリは東京証券取引所マザーズへの新規上場が承認されました。

承認日である5月14日には、山田から社外のみなさまへ上場にあたっての想いをつづった「創業者からの手紙」を公開しました。

mercan.mercari.com

上記の記事でも触れていますが、実はもうひとつ、進太郎さんによる社内メンバーに向けた手紙がありました。今回のメルカンでは、同日に社内メンバーだけに配られた「もうひとつの創業者からの手紙」について、紹介させてください。

「上場による不安を納得に変えたい」

遡ること1ヶ月ほど前、「上場承認・上場のモーメントをメンバーでお祝いしたい」とPR・総務・デザイン・GOT(Global Operations Team)・仙台/福岡のCSPメンバー(Customer Support People)で、インターナルコミュニケーションチーム が発足されました。

・なぜ上場するのか、進太郎さんの想いをみんなにきちんと伝えたい。
・上場により、会社が変ってしまうのではないか不安に思っているメンバーがいるかもしれない。
・不安を納得に変えて、みんなで一緒に上場というモーメントを喜びたい。

そんな進太郎さんと我々インターナルコミュニケーションチームの想いが一致して、既に動き始めていた社外向けの創業者の手紙に加えて、社内向けにも手紙を作成することが決まりました。

手紙は、進太郎さんが想いをこめて執筆しました。

その内容は、日本だけでなく、アメリカ・イギリスを含む全拠点のメンバーに届けようと、GOTチーム、そしてメルカリUS CEOのJohn(ジョン・ラーゲリン)、メルカリUK CEOのRen(伊藤錬)さんによって英訳されました。

f:id:mercan:20180517001233j:plain

どう伝えるのが一番良いのかをチームで考え、形に残る物にしようと、進太郎さんの言葉を紙に印刷して配ることになりました。

シンプルかつインパクトのある封筒と便箋は、デザイナーチームが作成。

f:id:mercan:20180517001150j:plain

渡し方も「席に戻ったら机に置いてあるのが素敵じゃない?」と話し合い、 臨時全体定例で上場承認についての説明が行われている間に、チームメンバーで配布しました。

f:id:mercan:20180516155037j:plain

その手紙がこちら。

f:id:mercan:20180518104545j:plain

タイトルの、「一緒にメルカリを創ってきたみんなへ To everyone who helped build Mercari」にも、進太郎さんの想いがこめられています。

中身については社外秘... なのでここで公開することはできないのですが、どんな内容だったかはこちらの動画に映っているメンバーの表情から想像してみてください。


  

手紙を受け取ったメンバーからは、

「全体定例から戻るとお手紙が置いてあり、かなり感動して涙がじんわりと出てしまいました」


「上場にあたっての想いを手紙で頂いた時に、この瞬間に立ち会えた!という実感がわき、本当に光栄だと思いました。これからも、みんなが愛しているプロダクトを一緒に作り、メルカリの成長や将来を楽しみにしています」


「進太郎さんからのお手紙とても嬉しかったです。来月で入社して丸4年...色々な想いが込み上げてきてジーンときました」

などなど、温かいコメントがよせられました。(うう、頑張ってよかった!)

次は、上場日の6月19日にむけて、インターナルコミュニケーションチームでは新たな仕込み中です。こちらもまた、後日のメルカンで紹介させてください〜!