ダイバーシティセミナーで「حلال(ハラール)」について学んだよ #メルカリな日々 2018/5/30

こんにちは!PRチームの石川です。 メルカリでは「誰もがValueを体現できるダイバーシティのある会社にしたい」という考えのもと、ダイバーシティに関する様々なテーマを知る機会が提供されています。 過去には、「介護」「LGBT」「妊活」をテーマにしたダイバーシティーセミナーが開催されてきました。

先日開かれた第4回目のテーマは「حلال(ハラール:アラビア語です)」! 日本ハラール協会のレモン柾ブノア講師をお迎えし、社員を対象にセミナーが開催されました。

世界人口の4人に1人がイスラーム教徒

イスラームとは、聖典クルアーンと預言者ムハンマドの教えを起源にする宗教。 イスラームは世界三大宗教のひとつで、 ・キリスト教(約22億→世界人口の約30%) ・イスラーム教(約16億→世界人口の約23%) ・仏教(約3.8億→世界人口の約7%)

イスラーム教は、ユダヤ教、キリスト教と共にアブラハム系の代表的な一神教です。

ハラールとは?

イスラーム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。そして、最近ではそれ以外のハラールでない物の事を非ハラール(non halal)と称する事もあるそうです。

コーランには以下のように書かれています。

5:3.あなたがたに禁じられたものは、死肉、(流れる)血、豚肉、アッラー以外の名を唱え(殺され)たもの、絞め殺されたもの、打ち殺されたもの、墜死したもの、角で突き殺されたもの、野獣が食い残したもの、(ただしこの種のものでも)あなたがたがその止めを刺したものは別である。また石壇に犠牲とされたもの、籤で分配されたものである。これらは忌まわしいものである。今日、不信心な者たちはあなたがたの教え(を打破すること)を断念した。だからかれらを畏れないでわれを畏れなさい。今日われはあなたがたのために、あなたがたの宗教を完成し、またあなたがたに対するわれの恩恵を全うし、あなたがたのための教えとして、イスラームを選んだのである。しかし罪を犯す意図なく、飢えに迫られた者には、本当にアッラーは寛容にして慈悲深くあられる。

5:4.かれらは何が許されるかに就いて、あなたに問う。言ってやるがいい。「(凡て)善いものはあなたがたに許される。あなたがたがアッラーの教えられた仕方によって訓練した鳥獣があなたがたのために捕えたものを食べなさい。だが獲物に対して、アッラーの御名を唱えなさい。アッラーを畏れなさい。本当にアッラーは清算を極めて速くなされる。」

23:51.あなたがた使徒たちよ、善い清いものを食べ、善い行いをしなさい。われはあなたがたのすることを熟知している。

「ハラール認証」の食材には豚肉やアルコールを含まないものを使う必要があり、また鶏肉や牛肉、羊肉なども定められた方法で処理する必要があります。 このハラール認証、実は世界的な統一基準がなく、国や宗派などによって異なり、またハラールへの厳しさも人それぞれだそうです。 ハラールに処理された食品は、イスラーム教徒の人のみだけでなく、もちろん誰でも食べることができます。

2020年の東京オリンピックに向けて、東南アジアを中心にイスラーム教徒の訪日が増えていますし、メルカリでも多国籍なメンバーが増えています。 イスラーム教徒の方の考え方の根底を知り、どのような配慮をすべきか、勉強になりました。

それでは、また明日の #メルカリな日々でお会いしましょう!