"めざせ決済事業マスター"社内勉強会に参加したよ #メルペイなう vol.13

こんにちは、メルペイHRのはなです。完成したばかりのメルペイオフィスで、早速、社内勉強会が開催されました。

今回の勉強会のテーマは "キャッシュイン・キャッシュアウトから理解する決済事業構造"です。

f:id:mercan:20180611194000j:plain
新しくできたメルペイのカフェスペースで

プロダクト・コーポレート・ビジネスと職種を超えて大勢のメンバーがカフェスペースに集まりました!スピーカーはメルペイBizDevの一帆(かずほ)さんです。これまでのキャリアから決済・送金・貸金が得意分野のメンバーです。

お客さまからは目に見えづらい部分ですが、実は決済ビジネスはあらゆるステークホルダーが複雑に連携し合う構造になっています。その仕組みを理解し、改めて事業・収支構造の課題や未来を議論することが、なめらかな体験を提供するために重要だと私たちは考えています。今回の勉強会は、職種を超えたメンバーそれぞれがそのような目的意識を持って参加し、たくさんの質問が飛び交う会となりました!

f:id:mercan:20180613101805p:plain
左:PM 内田 寛 右:BizDev 中島 一帆

メルカリグループでは頻繁に、メンバーによって自発的に社内勉強会が企画されます。今回の勉強会を企画してくださったのは2018年新卒入社でメルペイPMのkanさんです。

そんなkanさんに、ちょっとお話を聞いてみました!

2018年4月にPMとして新卒で入社した kan です。決済業界は複雑なため、入社後すぐにそのキャッチアップに苦しみ、業界に詳しい一帆さんを始めとしたBizDevの方に何度も質問をしていました。その後ぼくが経験したキャッチアップの大変さは、社員の多くが抱えてる問題であることに気づき今回の勉強会をかずほさんや他の方の協力を得て開催することにしました。

知識のベースが揃っていない状態では、様々な部分でダウンサイドがあり組織としてスピード感がでなくなる原因の1つだと思います。そういった意味で、今回のような社員のベースの知識を揃えるような活動はとても大切で価値のあることだと考えています。今後も、プロデューサとしての仕事は120%こなしつつ、他の方々と協力しながら意義のある取り組みを行っていきたいとおもいます!

HRの私が普段の業務で決済事業の細かい構造を理解する必要はないかもしれませんが、今回の勉強会はメルペイのミッションである"なめらかな社会を創る"ために解決すべき課題の1つを改めて理解するために、非常に有意義な機会でした。

Be Professionalな取り組みをしてくださった一帆さんとkanさんに感謝、そしてこれからの勉強会にも期待です。

それではまた、次回の #メルペイなう で!