2016-05-25から1日間の記事一覧

パフォーマンスの改善を通じてユーザー体験をより良くする-SREの仕事とは?

楽しいと思うことをたどった先で出会った、プログラミング 大学では電子情報工学科に在籍していました。もともと情報系の勉強がしたいと思って入学したのですが…大学の授業は電子7割、情報3割という構成で、ちょっと思っていたのと違うというか、事前の調べ…

引き算でギャップを埋める。メルカリをもっと多くの人に使われるサービスへ

株式会社メルカリに入る前 高校のときに、「IPフォンを使ってアメリカに無料で電話をかけられる」といった内容のHPを自分で作っていて、そのサイトからのアフィリエイト収益で月5万円くらい稼いでいた時期がありました。いま考えれば、このときから自分の中…

メルカリに次ぐ新事業を生み出す ー 新たな挑戦のスタートラインへ

株式会社メルカリに入る前 学生時代はカフェの経営などをしていて、いわゆる一般的な大学生がするような就職活動もしなかったですね。とにかく昔から新しいものが大好きで、学生時代に色々とやっていくなかで作った会社が、コミュニティファクトリーです。当…

CTOとして 「開発のための開発」でエンジニアに最高の環境を用意する

起業した会社をヤフーへ売却、2つの切り口から開発環境を整える 大学時代、独学で始めたプログラミングやWebサービスを作ることに心底面白さを感じていて、インターンなども一通り経験しましたが、卒業後は当時150名ぐらいの規模だったグリーに入社すること…

サービスに最適な技術選択ができる、サービス志向のエンジニアとは?

趣味ではじめたプログラミング、グリーで学んだエンジニアの基礎 大学は文学部だったのですが、大学生活の傍らで、趣味でiPhoneアプリを作っていました。プログラミングを始めたきっかけは、何かを組み立てて作ったりすることが大好きで、でも手先は不器用で…

22歳、世界への挑戦。エンジニアの視点からメルカリを育てる

はじめての就職、がむしゃらにコードを書く日々 学生のころはいたって普通でしたね。プログラミングはもちろんのこと、ITの仕事をする予定もなかったです。ただ幼いころから、パソコンは本当によく触っていたので、就職活動をするときには、ITに関わる仕事を…

海を渡ったAndroidエンジニア、USでの新しいチャレンジ

モノづくりが好き- 自分のエンジニアとしての原点 もともと、大学時代は数理生物学を専攻していて、生物の現象を数学的に解析する勉強をしていました。個人的に生物はとても好きだったのですが、大ざっぱな性格のせいか、さじで量るということができなくて…

強いチームだからできるサービスを創りたい - 新規事業への挑戦

会社と、仲間と、そしてコンテンツと一緒に成長していくことで、最高のインプットとアウトプットができる 大学時代、私の受けていた授業にDeNAの南場社長が講演にきたことがありました。とてもパワフルに、熱く、サービスについて話されていたのを、いまでも…

Androidエンジニアからプロデューサーになった最初の新卒メンバーのこれまでと、これから

知人と作った小さな会社からはじまった、インターネット業界でのキャリア 大学では環境エネルギーの勉強をしていたのですが、ちょうど大学院への進学を決めたころに、知人から起業をするので一緒にやろうと声をかけられたんです。その後、5人で始めた小さな…

メルカリを「誰もが知っているサービス」に! 創業の立役者 富島寛が自らに課す “大胆な挑戦”とは

2013年7月に誕生した、当社のフリマアプリ「メルカリ」。おかげさまで多くの方にご利用いただき、日米合計3,700万(日本2,800万、米国900万)DLを達成することができました。(※2016年5月時点) このような会社の急成長を支えたのが、メルカリのミッションと…