Slackイベントに役員が登壇!メルカリのSlack文化を話したよ #メルカリな日々 2018/06/28

こんにちは、PRチームのsuzumariです。

先日赤坂にて行われたSlackのカンファレンスに、VP of People & Cultureの唐澤がパネリストとして登壇しました。

f:id:mercan:20180628194406j:plain

パネリスト:DeNA 成田氏、電通デジタル Pedro氏、弊社唐澤

Slackは日本でのローンチから半年経ちますが、メルカリでは3年前より導入することで、コミュニケーションを円滑に進める環境を整えてきました。
しかし、チャットで気軽に情報を入手できるからこそ、情報量の多さに生産性が低下する弊害もあります。そこで積極的にチャンネル退出を促す「Leave Day」を設けるなど、メルカリ独自のSlack文化も形成されました。
例えば、進太郎さんのつぶやきチャンネルにも「どんどんLeaveしてください」と書いてあります。

f:id:mercan:20180628194635p:plain

経営陣が率先して効率化を体現することで、Be Professionalに働ける環境が生まれています。

メルカリのSlack活用例の詳細については、Slackのカスタマーストーリーをご覧ください。
slack.com

f:id:mercan:20180628194431j:plain

Slackから取材を受ける唐澤

カンファレンスは受付から混み合っており、日本ローンチへの期待が感じられました!

それではまた、明日の#メルカリな日々で会いましょう。