なめらかな体験をしたよ!@上海 #メルペイなう vol.22

こんにちは!メルペイ/コーポレートデザイングループのたかみーです。

メルペイでは、新メンバーを中心に上海視察を継続的に行なっています。
メルカリグループには社内ドキュメントを常に公開して共有する文化があるので、社員が上海出張に行く度に、その知見はどんどん社内にたまっています。そして、初めて上海に行く社員は過去のレポートを参考にしながら、体験プランを立てて上海出張に備えます。

今回のメルペイなうでは、3月のメルカン記事ではご紹介できなかった上海での”なめらかな体験”をご紹介します。

mercan.mercari.com

まずは、日本にもある”ガチャガチャ”。
一見同じに見えますが、微信支付(WeChatPay)と支付宝(Alipay)QR決済します。QR決済でガチャガチャに利用する専用コインを購入するという仕組みです。手持ちのコイン(現金)が無い!という時でも遊べますね。

f:id:mercan:20180724144023p:plain

地下鉄にはシェア傘置き場があります。
QRでロック解除して微信支付(WeChatPay)と支付宝(Alipay)でデポジット(日本円で600円くらい)を払います。返却が24時間以内なら、実質無料で利用することができます。もし、7日間以上返却がなければ、購入したとみなされて、デポジットが引き落とされる仕組み。ほぼ全ての地下鉄にあるので、返却も簡単!気軽に利用することができて便利です。

f:id:mercan:20180724145611j:plain

上海では若い世代の人だけでなくご年配の方がQR決済を利用する光景もよく見られます。年配の方が運営している上海の伝統的な市場でもQR決済が利用できます。

f:id:mercan:20180724144713p:plain

上海では決済はもちろん、タクシー配車やシェアサイクルなどがスマホアプリで可能です。今回の上海視察でメルペイが目指すなめらかな社会への第一歩を感じました。

また、支付宝(Alipay)は信用プラットフォームとしても使われています。メルペイのミッションである「信用を創造してなめらかな社会をつくる」の「信用」の部分にフォーカスして、上海で信用プラットフォームの影響力を調査するのも面白いかもしれません。

今後は、上海だけでなく他の地域への視察も企画中です。またメルペイなうでお知らせしますね~!