60代以上のフリマアプリ利用実態は? 意識調査を発表したよ #メルカリな日々

こんにちは! PRチームのhanです。

昨日、メルカリ東京オフィスで「60代以上のフリマアプリ利用実態」に関する意識調査発表会を行いました。これは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授による監修のもと、全国のフリマアプリ利用者・非利用者1,648名を対象に意識調査を実施したもの。

さて、気になる調査結果は……? さっそくご紹介します!

f:id:mercan:20190312134439j:plain
前野隆司教授(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科)

まずはじめに、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授が調査結果を発表。「60代以上におけるフリマアプリ利用者は非利用者に比べて働く意欲やチャレンジ精神があり、ネットを使いこなしながらフリマアプリを通じて社会とのつながりを感じている」と語りました。

さらに60代以上と20代の利用者を比較してみると、「社会とのつながりを感じる」傾向は強く、その意識差は約3倍でした。60代以上のお客さまにとって、フリマアプリは売買だけでなく「社会とのつながり」を持つためのツールとしても機能している側面がわかる結果となりました。詳細はプレスリリースにもまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてください!

about.mercari.com

また、実際にメルカリを利用する60代以上のお客さま代表として、五味春生さん(70代・男性)と毛利多起子さん(60代・女性)も登壇。メルカリの利用状況や生活の変化についてお話しいただきました。

五味さんは「メルカリは自分にとって、外の世界とつながっているへその緒。世間の情報や知識、人の温かさが入ってくる。家に閉じこもりがちなシニアも、フリマアプリを使って社会とつながってほしい」。また、毛利さんは「夜、出品してから寝る。そして朝起きて、売れているときが嬉しい。発送で郵便局に行くことが増えて窓口の人とも仲良くなり、メルカリでのやりとり以外でもつながりができた」など実際にあったエピソードを交えて語りました。

f:id:mercan:20190312134358j:plain
五味春生さん

f:id:mercan:20190312134408j:plain
毛利多起子さん

さらに、パネルディスカッションも実施! テーマはずばり、「フリマアプリは老後を豊かにできるのか」。登壇したのは、前野教授とメルカリジャパンCEOの田面木です。

f:id:mercan:20190312134417j:plain
パネルディスカッションの様子

60代以上のフリマアプリ利用者・非利用者の幸福度は、「利用者75.5%、非利用者69.2%」。その結果を受けて、「日本全国で共通の趣味や関心を持った人同士でやりとりができるフリマアプリは、中古品の売買から心のつながりが生まれる可能性が高いという発見がありました」と前野教授。そして田面木は「メルカリが東京で開催しているお客さま座談会『メルカリサロン』やサービスの使い方を学べる教室などを全国でやっていきたい」とコメントしました。

f:id:mercan:20190312134429j:plain

今回の意識調査で、フリマアプリを通じてチャレンジ精神や幸福度が強まる可能性があると知り、PRとして今後もメルカリサロンといったお客さま同士のつながりを増やす機会をつくっていきたいと感じました。そのときはまた、メルカンでもご紹介させていただきます!

それではまた、明日の#メルカリな日々で!