メルカリのQAでTPI NEXT®をちょっと導入してみた話

こんにちは。メルカリQAチームの米山です。 今日はQAチームで現在進めている活動の一つ、「TPI NEXT®」に沿ったプロセス改善の話をしてみたいと思います。

メルカリのQAチーム

どんなことをやっているのか

QAチームのメンバーは現在9名。検証対象は日本版のアプリは勿論、US版アプリ、WEB版、CSツールなど様々です。メルカリでは、アプリの機能ごとに開発チームが別れており、QAメンバーがそれぞれのチームに所属し、各々の案件を担当しています。

メルカリのQAチームについては、こちらの記事でも紹介していますので、ぜひご参照ください。

mercan.mercari.com

TPI NEXT®とは?

TPIはTest Process Improvementの略で、オランダのSogeti社で開発されたプロセス改善の手法です。主に欧米の企業で数多く活用された実績があるそうです。昨年日本語訳された書籍が出版され、JaSST等のイベントも通じて日本国内でも広まりつつあります。

TPI NEXT? ビジネス主導のテストプロセス改善

TPI NEXT? ビジネス主導のテストプロセス改善

具体的にはテストプロセスを16のキーエリアに分けて、プロセスの成熟度を判定します。 このキーエリアとレベルは標準的なものがTPI NEXT®には用意されていますが、現場によって適宜入れ替えたりすることも可能です。 メルカリに当てはめた場合でも必要なプロセス、不要なプロセスがあるので、そこは内容を理解した上で取捨選択しながら進めています。

f:id:mercarihr:20160825151359j:plain

なぜメルカリのQAチームで試してみたのか

メルカリのQAチームは、発足してからの約2年の間に1名(2年前)⇒6名(昨年)⇒9名(現在)と急激にチームが拡大しています。

その一方、QAに関するプロセスはほぼ2年前のままという部分が多く、途中からチームに参画した各メンバーも、「このやり方は適さないのではないか」という想いを様々な部分で持ちつつもまずはスピード優先で今までのやり方を踏襲してきました。

具体的にブレークダウンしてプロセスを変える事はとても労力が必要ですし、目の前のタスクが山積みの中で、そこまで手を回せなかったんですね。

そんな中、JaSST’16 Tokyoというイベントで、「”自己評価”と”自己改善”で始めるテストプロセス改善」というセッションを拝聴し、TPI NEXT®に興味を持ちました。(講師は「TPI NEXT® ビジネス主導のテストプロセス改善」の書籍を、昨年日本語に翻訳した方々です)

そこでチュートリアルとして、TPI NEXT®のクラスタセット(≒優先度)Aのチェックポイント(16個)を各現場で達成できているか判定をしたところ、メルカリはまだまだだなと痛感。是非メルカリにもプロセス改善として取り入れたいと考えました。

そして丁度その頃来期のチーム目標を掲げるタイミングがあり、提案⇒やってみようという経緯になります。

メルカリで試してみて

導入時のポイント

  • 想いを先行させすぎず、導入効果を考えてみよう

まずこういったプロセス改善系の話は、

「それやったところで良くなるの?」
「またタスク増えるんでしょ?」
「そもそも誰がやるの?」

といった意見が出がちで、導入する前に話が終わるケースが多いと思います。

そこで、具体的な話を展開する前に、導入したいという想いだけ先走らないよう、導入によってどこが改善されるかという点を熟考しました。
(変化に対し批判で終わらない、改善の必要性を感じているメンバーが揃っていることにも助けられ、比較的スムーズに導入できたと思います。)

  • メンバー主導で実務に沿ったプロセス改善

プロセス改善を進める場合、一般的には専属の担当が置かれたり、マネージャクラスの管理者主導で進めるケースが多いと思いますが、メルカリではメンバーが主導で、業務と平行しながら進めています。メンバー主導で進めることにより、実際の業務に沿った形での改善を進めらるメリットがありました。

  • 全てをやろうとしない

改善すべき部分を全てやろうとするのではなく、今の業務の進め方に必要だと思われる部分のみを採択し、現状での必要最低限な選択を意識することで、少ない工数の中での改善活動を続けられています。

導入後の効果

  • 課題が浮き彫りに

導入にあたり、メルカリQAチームで現在出来ている部分/出来ていない部分が洗い出せたことが、単純に良かったと思います。

  • 適用具体例:情報のナレッジ化

TPI NEXT®のクラスタセットの中には、「欠陥管理」という項目があります。

メルカリでは、本リリース前に検知したBug(欠陥)やリリース後に検知されたBug(障害)の振り返りが不足していると感じてました。

その点を解消すべく、Bug情報や煩雑な検証手順、過去のテストケースも含めてWikiにまとめ、有益な知識・経験・事例・ノウハウを蓄積するという方法を採択しました。これを実現させることにより「テストウェア管理」(≒テストケースの管理)も同時に改善でき、今後更に情報を充実させれば、属人化の抑制にも繋がると考えています。

一番大事なポイントとこれから

本プロセス改善活動は、まだまだ全ての面で改善途中であり、まだまだやることだらけです。都度チューニングすべきポイントはあると思いますが、一番大事なのは各メンバーが、この活動によって「これまでより改善したね」ということを実感できる事だと思っています。

また、メルカリと同様にTPI NEXT®を導入しようと試みているQAエンジニアは他社さんにもいますので、そういった方々とも情報交換しながら進めています。うまくいった点も反省すべき点も、今後のQAイベントやmercan(メルカン)で振り返り結果を発表できたらと思っています。 

QAチームはまだまだ大募集中!

今回取り上げたTPI NEXT®の導入しかり「こうしたら良くなるのでは」、「こんなこともやってみたい」という想いを実現したい方、チャレンジできる環境がメルカリにはあります。

メルカリの今後の展開に対し、まだまだQAエンジニアの数は追いついていません。UKでの展開も控え、USでも絶賛プロダクト開発中(QAも海外赴任&出張しています!)のこの環境で、様々なチャレンジをしたい方、是非力を貸してください!

www.mercari.com

Drink Meetup開催します!

メルカリとソウゾウのQAメンバーがチーム体制やこれまでとこれからのテストプロセスの改善についてお話するDrink Meetup with Mercariを開催します! ぜひこちらもお気軽にエントリーください。

mercari.connpass.com