受賞者の名言多数!ソウゾウ MVPアワード FY23 Q1を開催しました!

こんにちは!ソウゾウHRの@yamamonです。

先日、ソウゾウのAll Handsにて2022年7月〜9月期(FY2023 Q1)のMVP発表が行われました。MVP発表は今回で3回目の実施です。

ソウゾウMVPアワードの目的は、ソウゾウらしいバリュー行動を称え、「ミッションの実現に向かうためのバリュー行動とは何か」の理解を深めながら、メンバー全員の目線を揃えることです。

今回もさまざまな形でバリューを発揮した社員がノミネートされ、非常に盛り上がりを見せました。記事内に受賞者コメントもございますので、ぜひ最後までご覧ください!

賞のラインナップは全部で5つ!

これまでのソウゾウ MVPアワードは「MVP賞」と「Move Fast賞」の2種の表彰だったのですが、今回は上記に加えて、メルカリグループ全体のバリューでもある「Go Bold賞」「All For One賞」「Be a Pro賞」の3つの賞が加わりました!

賞が増えた分より多くの方がノミネートされたこともあり、今回のアワード選考も熱い議論が重ねられたように感じます。

初手のMove Fast賞は誰の手に…!?

アワードの先陣を切る、Move Fast賞受賞者の紹介です!この賞は、ソウゾウらしく、まず試して失敗などの知見を積み重ね、ありたい姿を早く実現して社内外に大きなインパクトを与えた方に送られる賞です。

たくさんのメンバーがノミネートされていましたが、今回は……エンジニアチームの@nakaさんが受賞されました!

@nakaさんは、何事にも貪欲に熱量をもって取り組み、Move Fastに自身が携わるプロジェクトをドライブさせたことが高く評価されました。また、開発現場での改善、勉強会の開催などにおいても貪欲にMove Fastに取り組み、チーム内で実現したいことを次々に実現し、いきいきとした姿勢で周囲を巻き込んでいらっしゃいました。

@nakaさんの人柄を感じさせるコメントに、感じ入るメンバー多数。Slackチャンネルも盛り上がります。

改めて@nakaさんに、今回のMove Fast賞受賞についてコメントをいただきました!

Move Fast賞をいただけてとても嬉しいです。

ただ、Move Fast賞は、Move Fastに動くための周りのSupportがあってこそだと思います。Move Fastにしようとしても抵抗があれば、一人でMove Fastを実現することは出来ません。

今後は、他のメンバーがMove Fastに動けるためのサポートも忘れずに引き続きソウゾウ全体でのMove Fastに貢献していきたいと思います。

また、自分が守りに入って、Move Slowになっているときは、遠慮なく指摘していただきたいです。

これからもよろしくおねがいします!

さあ、最初から盛り上がりを見せたMVPアワード、次の賞は一体誰が受賞するのでしょうか?

次はGo Bold賞!

次はメルカリグループ全体のバリューの1つである、Go Bold賞の発表です!この賞は、大胆なチャレンジを推進し、社内外に大きなインパクトを与えた方に送られます。

Go Bold賞もたくさんの方がノミネートされていました!発表前のドラムロール音で現場に緊張が走ります…!

そして、今回の受賞者は……Public Policyチームの@Amarinさんでした!

@Amarinさんは、「メルカリShops」に出店される日本吟醸酒協会さまとの懇親会を数度にわたり開催したり、時にはボードメンバーを巻き込みながら、様々なかたちで関係性をGo Boldに築いていました。また、関わった業界の中でも前例がなく成否が不確実であった取り組みに大胆にチャレンジし、社内外を巻き込んで実現して大きなインパクトを残しました!

@Amarinさんは受賞のタイミングにちょうど外出先だったらしく、外から中継するような形で受賞の感想をコメントしてくれました。

@Amarinさんからも、今回のGo Bold賞受賞についてのコメントを改めていただきました!

Go Bold賞をいただき、大変ありがたく、光栄に存じます。

今回の受賞は、日本吟醸酒協会さまとの関係構築への貢献を評価いただいてとのことと承知しておりますが、それも所属チームや社内関係部署の皆様の前向きなサポートのおかげで、心理的安全性を確保しつつ、Go Boldな様々なご提案をできたからだと思います。もちろん、日本吟醸酒協会の久慈理事長はじめ皆様の熱い想いもあってこそでもあります。この場を借りて心よりお礼申し上げます。

また、個人的には、メルカリ・ソウゾウは公務員からの初めて転職先かつ民間企業であり、転職前は自分が事業に貢献できるか不安に思っていたこともあったので、このような評価を社員の皆さんからいただけて、大いに励みになりました。

今後とも、メルカリ・ソウゾウのプロダクト・サービスを通じて、外部パートナー様と連携して、日本経済・社会の発展に貢献していきたいと思います。

最後に、この賞のきっかけを作っていただいたソウゾウ酒部の皆様に改めてお礼申し上げます!

さあ、ソウゾウMVPアワード、まだまだ続きます!

折り返しに突入!次はAll for One賞。

さて、盛り上がりを見せているMVPアワードも折り返しに突入しました。次は周囲の人を巻き込み素晴らしいチームワークをもって社内外に大きなインパクトを与えた方に送られる、All for One賞の発表です。

そして、今回のAll for One賞は……PRチームの@kumamiさんでした!

周りのメンバーから見ても納得の受賞の@kumamiさん。社内のカルチャー醸成に寄与したこと、また、ショップさんの「できるをつくる」をエンパワーして下さった点が今回の受賞理由です。

自分の職務領域を超えて、多くの部署やショップさんを横断しながらAll for Oneにコミュニケーションをされていました。ご本人は受賞にびっくりされていたようでしたが、Slackのチャンネル内でも賛辞の嵐でした。

そして、@kumamiさんからの受賞コメントはこちらです!

All for One賞の受賞、驚きました!そして嬉しく思います。

このバリューには「手段や役割に固執せずに、成功するために必要なことをやる」という意味があり、とても好きな考え方です。

私はいつも「お客さまにとって一番良いものを届けたい」と思って仕事をしているので、そのためのアクションを評価いただいたのは嬉しいです。

みんなで協力すると良いものができるので、これからも力をあわせて愛されるメルカリShopsを作りたいなと思います。

残る賞はあと2つ、一体誰が受賞されるのでしょうか?

Be a Pro賞の発表です!

さて、今回のMVPアワードの賞はあと2つ。次は専門性とオーナーシップをもって社内外に大きなインパクトを与えた方が受賞するBe a Pro賞です。

多くのメンバーの視線が集中する中、一体誰がこの賞を獲得するのでしょうか?

そして、今回のBe a Pro賞は……CSチームの@takeyamaさんです!

@takeyamaさんは、チーム内の多くの分析基盤構築やダッシュボードの作成などに携わり、CS全体のKPI目標達成や管理観点でもオーナーシップ持って貢献をしていました。また、部署に捉われない動きも高く評価されました。

@takeyamaさんの受賞コメントに関しても、刺さるメンバーが続出です。

バリューが発揮できる環境に感謝できる姿勢は素敵ですね!

@takeyamaさんの受賞コメントはこちらです。

先ずは、1月にsouzohにJOINし1年弱走ってきた中で、この様な形で評価いただけた事嬉しく思います。ありがとうございました。

CSは業務内容上、日々の対応に追われなかなか成果の見えにくい領域ではありますが、その中で施策の効果測定や日々の改善成果の可視化などを担当させていただき、Be a pro賞をいただけたかと思い、これはチームの成果があっての事だと思います。

また、souzohでは組織を跨いだ連携も多く、皆さんのBe a proな資料やデータ可視化の方法などをインプットする機会があり、そういった組織の中で仕事ができるからこそ、いいアウトプットが出すことができたと思ってます。連携させていただいている皆様、本当にありがとうございます!

これからも皆さんの力を借りながら、より価値のあるCSを作っていき、お客さまへ良い体験を届けられるよう努めていければと思います!

数々の名言が飛び交う中、いよいよ残るはMVP賞となりました!

果たして今回のMVPは誰に手に渡るのか

最後の大詰めである、MVP賞の発表となりました。

ソウゾウが大事にするバリュー「Move Fast」とメルカリグループで大事にする3つのバリュー「Go Bold」「All for One」「Be a Pro」を最大限に体現し、社内外に大きなインパクトを与えた方が栄えあるMVPの賞を手にします。

MVPに関しても、たくさんの方がノミネートされており、高くバリューを発揮した社員が多くいることが感じられます。

そして、今回のMVPは……!!!Merchantチームの@taigaさんが受賞しました!

@taigaさんは「メルカリShops」の加盟店さまとの中長期を見据えた関係づくりや提案など、その仕事の向き合い方に多くのメンバーの感動を呼びました。また、他部署横断で関係者が多く難易度の高い取り組みも成功させ、自らの役割に固執せずAll for Oneに行動したこと、成果へ強くコミットしたオーナーシップでBe a Proを発揮していました。その成功体験のナレッジ共有なども積極的に行い、周りを巻き込んでチームの成果の底上げに貢献した点は全てのバリューを体現しており、MVPとしてふさわしい活躍をされていました。

@taigaさんからも、今回のMVPの喜びのコメントをいただいています!

率直に、MVPに選ばれたときはとても驚きました。そして、このような賞をいただけて本当に光栄に思っています!

merchantをはじめとする多くの方のサポートがあり、ムラサキスポーツさんやシン・さぼさぼファームさんを筆頭にいくつかの成功事例を創出できました。本当にありがとうございました!

この経験を活かして、より多くのBig sellerさんを創出しメルカリShopsに出店したら結構売れるぞ!と思ってもらえるようなアクションをしていきたいと思っております。

これからも、merchantだけでなく関係各所の皆様にご協力いただきながら組織として、サービスとして成長していけるよう私自身もBoldに挑戦していきますので引き続き宜しくお願いします!

最後は受賞者のみなさんで記念撮影

今回はこれまでよりも多くの方が受賞されましたが、どなたも受賞に納得のいく素晴らしいお仕事をされていたかと思います。

また、各賞においてたくさんのメンバーがノミネートされ、それぞれが高いバリューを発揮して日々仕事をしているんだなと実感しました。そのようなメンバーの仕事ぶりの一端が見えるのは本当に勉強になりますし、それをみんなで讃えあう文化って素敵ですね!

受賞者のみなさん、本当におめでとうございます!

次回以降のソウゾウMVPアワードもお楽しみに!

ソウゾウでは今後も様々な組織開発に関わる施策を推進し、みんなでミッションの「できるを、つくる。ソウゾウした未来を、はやく」を目指していきます。一緒にミッションの実現を目指す仲間を募集中です。ご応募、お待ちしております!

ソウゾウについてもっと詳しく知りたい方は、会社紹介資料をご覧ください。現在のメルカリShopsやソウゾウでのチームの価値観やメンバー、カルチャー、働き方などを紹介しています。

それではまた、次の記事でお会いしましょう。

関連記事 サクッと読める!✨

ソウゾウMVPアワード、FY2022 Q4の受賞者を発表しました!

MVPの表彰旗は誰の手に・・・!ソウゾウで受賞発表がありました! #メルカリな日々 2018/01/25

ソウゾウ初のMVPアワードを開催!#メルカリな日々

関連記事 読み応えアリ✨