身近なところから捨てるをなくそう!「Share Cup Workshop」を開催しました #メルカリな日々

こんにちは! PRチームのiokoです。

昨日はオリジナルのマグカップをつくる「Share Cup Workshop」が、メルカリ東京オフィスで開催されました!

みなさんは毎日どれくらいの量の飲み物を口にされますか? お水、お茶、コーヒー。一人ひとりの飲み物のゴミが蓄積されると膨大な量になります。メルカリオフィスでも日々多くのプラスチックカップ、ペットボトル、ビン、缶、紙パックなどが捨てられています。

循環型社会を目指すメルカリは、オフィス内でも「捨てるをなくす」を実現していきたい! そして、それを強制や啓蒙ではなく、ワクワクしながら実現したい! という思いでこのイベントは企画されました。

マグカップに採用されたのは、長崎県の波佐見焼のブランド、マルヒロさん。まだ使えるけれども捨てられてしまう廃品をマグカップにしています。これにメルカリオリジナルシールを貼り付け、長崎で焼いてもらうと完成です!

このイベントを企画したsandyさんに一言いただきました。

オフィスで出る使い捨て容器を減らすにも、「エコ!ペットボトル禁止!」と制限してしまうのではなく、メルカリらしいカタチで楽しく解決したいと思っていました。そんなとき、マルヒロさんと出会いました。マルヒロさんの廃材についての取り組みを知り、最初はB品と呼ばれるマグカップを買い取らせていただきオフィスで使用しようと思っていたのですが「一人ひとりが自分ごと化できる参加型の取り組みにしたい」と考え、ワークショップの相談をしました。オフィスでこのマグカップを使っている人を見る度に、「それどうしたの?」と会話のきっかけになればいいなと思っています。
こうして同じ思いを持った企業さまと一緒にコラボレーションをしながら、「捨てるをなくす」の輪を広げていけたらとても嬉しいです。

マグカップの焼き上がりが楽しみです!

それではまた、明日の#メルカリな日々で。

関連記事 サクッと読める!✨

生成AIを用いて人事領域の課題解決を行う「AI/LLM Hackathon」を開催しました! #メルカリな日々

5社合同!エンジニア就活を考える「Career Reflection #2 in Tokyo」を開催

オフィスデーで聞いてみた!メンバーはメルペイ&メルカードをどんなふうに使ってるの!?

関連記事 読み応えアリ✨