開発者向けサービスを提供するアメリカ企業5社をお迎えし、社内イベントを開催したよ! #メルカリな日々

こんにちは、People Brandingの福岡です!

本日、開発者向けサービスを提供しているアメリカ企業5社をメルカリにお迎えし、交流を深めるための社内イベントを開催しました!

さっそく、その様子を今日の#メルカリな日々でご紹介します!

f:id:mercarihr:20181220170042j:plain
イベントの目的を説明する、メルカリCTO名村卓

今回のイベントのきっかけは、投資会社WiL・代田常浩さんとメルカリCTO名村卓によるアイデア。先日開催されたイベント「IVS CTO Night and Day」で、開発者向けサービスを提供するアメリカ企業の方々をアテンドしていた代田さんと名村が「このまま彼らをメルカリに招待し、交流できる場をつくれるといいのでは」と考え、実現に至りました。

そして本日、このイベントのためにこちらの方々がメルカリを訪れました!

  • Marco Palladino(Kong/CTO)
  • Matias Woloski(Auth0/CTO)
  • Nick Galbreath(Signal/Sciences CTO)
  • Jonathan Kim(Appcues/CEO)
  • Keiko Oda(Netlify/Software Engineer)

当日は、ゲストのみなさんによる自社サービスの簡単なプレゼンテーションからスタート! サービスの概要やメリットだけでなく、会社のビジョンやビジネスモデルなどわかりやすく説明していただきました。

f:id:mercarihr:20181220170038j:plain

続いては、サービスや技術、会社、組織に関する質疑応答タイム。拡大する組織や多様性のあるチームをまとめる工夫、グローバル展開する際の顧客ニーズへの対応方法など、多くの質問が飛び交いました。

f:id:mercarihr:20181220170033j:plain
質問に答えるゲスト登壇者たち

さらにグループに分かれ、フリーディスカッションも行いました。

f:id:mercarihr:20181220170027j:plain

f:id:mercarihr:20181220170022j:plain

参加したメルカリメンバーに感想を聞いてみると、「日本からも英語圏で活躍できるチャンスがありそうだと感じられた」「セッション後の質疑応答タイムでダイバーシティ&インクルージョンの話を聞き、会社のカルチャーや雰囲気を垣間見ることができて良かった」とのこと。

そのほか、イベント後のアンケートでもメルカリメンバーから好感触な声が寄せられていました。ひょっとしたら、第2回目を開催するかも? そのときは、メルカンでお伝えしますね。

それではまた、明日の#メルカリな日々で!