mercan

あなたの“かくれ資産”が売れるかどうか、教えます!新機能「持ち物リスト」リリース裏側 #メルカリな日々

「もう使わなくなったものがあるけど、本当に売れるのかな?」
「もうちょっと簡単に出品できないだろうか?」

と感じていた方に朗報です!本日、フリマアプリ「メルカリ」で、「持ち物リスト」という新機能がリリースされました〜。

「持ち物リスト」とは、下記3つの商品がアプリ内でリスト化され、資産としていくらくらいになるのか?を簡単にチェックできる機能です。

・ 過去にメルカリで購入したもの
・ 「売れるかチェック」機能を使用し、撮影した持ち物
・ 提携しているECサイトから、決済サービス「メルペイ」で購入したもの
※「メルペイ」で購入したものによる出品は、今春より提供開始予定

さっそく、今回の#メルカリな日々で「持ち物リスト」を担当していたメルカリCatalog Listingチームのプロダクトマネージャー(PM)、長谷川拓也に話を聞きました!

長谷川拓也(メルカリCatalog Listingチーム、Slack名はoyakata)

長谷川:本日リリースした「持ち物リスト」の最大のポイントは、リストに含まれている「以前メルカリで購入したもの」を再出品する際、商品情報が自動で入力されるところです!

「持ち物リスト」の画面

長谷川:というのも、この機能自体が、お客さまに出品時の体験をヒアリングしたところ「出品作業が面倒」「売れるかどうかわからない」の2つの要因が浮かび上がり、開発をスタートさせたものでした。そこでまずは、お客さまの持ち物を撮影するだけで相場価格が表示される「売れるかチェック」機能を2019年8月、一部のお客さまに向けて先行リリース。そして今回の「持ち物リスト」で、パッと見て確認・出品できるようにしたのです。

ー「持ち物リスト」、開いたときに値段がくるくるくる…となるんですね。

長谷川:数字がスロットするところは、こだわりの1つです!!

ーなるほど(笑)。ちなみに、「持ち物リスト」を開発したメルカリCatalog Listingチームはどんなチームなんですか?

長谷川:僕らメルカリCatalog Listingチームは、「売れるかチェック」「持ち物リスト」のように、わりと新規で、かつ既存にないものをつくろうとしているチームです。「完全に新しい出品体験」の提供にフォーカスしているからこそ、新機能を生み出しては、フィードバックをもとにチームみんなでアイデアを積み上げていく。そのため「これは本当に必要なのか」「そのなかでメルカリらしさとは」を、メンバーみんなで徹底的に話し合いながら開発しています。

ー「話し合いながら」は、メルカリCatalog Listingチームの肝なんですね。

長谷川:そうですね!「持ち物リスト」も、まだまだ荒削りな状態です。今後は、いろいろなフィードバックをもらいながら、お客さまにとっての価値を磨き上げていきたいですね!海外から来たメンバーがほとんどなので、日本じゃないような感覚になることも、特徴の一つかも(笑)。仲間も募集中なので、興味ある人はぜひ!

ーありがとうございました!

メルカリCatalog Listingチームでは、現在も仲間を募集中です!本日リリースした「持ち物リスト」のさらなるブラッシュアップはもちろん、今後も「完全に新しい出品体験」を目指してゴリゴリと新機能を企画・開発していくので、興味がある人は記事下の採用情報をチェックしてみてください!

それではまた、明日の#メルカリな日々で!

この記事に関連する求人情報 募集中の求人の一部をご紹介します 🙌

求人一覧を見る
別サイトに移動します

関連記事 サクッと読める!✨

「2019年、残り一ヶ月を切りましたが、今どんな気分ですか?」メルカリメンバーに聞いてみた! #メルカリな日々

メルカリCMOにキラメックス元代表の村田雅行さんが就任したよ! #メルカリな日々 2018/08/16

オフィスに突如あらわれた黒板アートの正体は?作者にインタビューしてきたよ♪ #メルカリな日々 2017/11/2

関連記事 読み応えアリ✨