今年も開催!ソフトウェアエンジニア育成&インターンシッププログラム Build@Mercari 2021 #BuildAtMercari

こんにちは!メルカリ採用チームのRikaです。

メルカリでは昨年、初の試みとなるソフトウェアエンジニア育成プログラムBuild@Mercariを開催しました。その第2弾を、今年も開催します!

Build@Mercariとは?

フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリ、そしてメルカリアプリの中のペイメント機能「メルペイ」を開発するグループ会社の株式会社メルペイでは、年齢、性別、性的指向、人種、宗教、障がいなど、多様なバックグラウンドを持つメンバーが集まっています。

あらゆる人が自分らしく生き、ポテンシャルを発揮して活躍できる社会を目指す「Diversity & Inclusion」という考え方は、「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」「信用を創造してなめらかな社会を創る」というメルカリ・メルペイのミッションの達成に向け不可欠な存在になっています。

昨今、IT業界では多様性ある方々が活躍しています。その一方で属性やバックグラウンドがマイノリティのため、十分な教育の機会を受けられなかったり、エンジニアとして活躍する機会に恵まれない方がいたりすることも、残念ながら事実です。

昨年、メルカリはこれまでさまざまな事情でチャンスが巡ってこなかった方、特にSTEM分野・IT分野におけるマイノリティである女性やLGBT+コミュニティの方を対象に、トレーニングとインターンシップのプログラムBuild@Mercariを開催。11名のエンジニアやプロダクトマネージャーを目指す方々に参加いただきました。

今年は第2弾として、メルカリだけでなく、グループ会社のメルペイと共に、Build@Mercari 2021を開催します。また、幅広い方々にチャンスを提供するため、日本だけでなく海外の方からの応募も募集します。詳細につきましては募集要項をご確認ください。

Build@Mercari 2021 概要

Build@Mercari 2021はBuildトレーニングプログラムと、Buildインターンシップから構成されまます。

Buildインターンシップ募集技術領域

・ Backend
・ Frontend
・ iOS
・ Android
・ Machine Learning

Buildインターンシップまでのスケジュール

2月後半〜4月

・ 応募期間(応募締切は3月31日)
・ コーディングテスト(1)(Buildトレーニングプログラム向け)
※コーディングテストは英語で受けていただきます
・ 書類選考(1)(Buildトレーニングプログラム向け)

4月後半〜5月

・ Buildトレーニングプログラム

5月〜6月

・ コーディングテスト(2)(Buildインターンシップ向け)
※コーディングテストは英語で受けていただきます
※Machine Learningのみ、別の課題を受けていただきます
・ 書類選考(2)(Buildインターンシップ向け)
・ 面接(2回を想定)

8月〜9月

・ Buildインターンシップに参加

Buildトレーニングプログラムとは?

・ ご応募いただいた方はまずコーディングテストと書類選考を受けていただき、合格者を3週間程のBuildトレーニングプログラムにご招待します。Buildトレーニングプログラムでは、外部のオンラインビデオコースを約3週間受講いただき、データ構造とアルゴリズムやメルカリで使用している技術領域を学び、必要な技術力を身に着けていただいた上で、Buildインターンシップの選考に臨んでいただきます。また、メルカリでの開発プロセスや各技術領域を学んでいただくため、エンジニア新卒入社者向けのトレーニング「DevDojo」の動画コンテンツも提供します。ビデオコースのため、ご自身のペースで好きな時間に受講できます。(オンラインビデオコースはトレーニングプログラム期間後も1年間受講可能です)

・ Buildトレーニングプログラム中には、チャットツールを利用してメルカリ・メルペイのメンバーがサポートを行います。

・ Buildトレーニングプログラム中には、メルカリ・メルペイの会社説明や、エンジニアとの座談会、メルカリでのダイバーシティへの取り組みについてご紹介するコンテンツをご用意する予定です。

・ Buildトレーニングプログラムは無給です。

・ 選考の結果、トレーニングプログラムへご参加頂く方には4月上旬にご連絡をする予定です。

Buildインターンシップとは?

・ Buildトレーニングプログラムを終了し、かつBuildインターンシップの選考を通過された方は、メルカリ・メルペイの開発チームで2ヶ月間、各チームの担当するアプリや機能の開発に携わっていただきます。
・ Buildインターンシップは有給です。

必須条件

・ メルカリのミッションとバリューに共感していただける方
・ STEM・IT分野におけるマイノリティである女性や、LGBT+コミュニティの方、またはマイノリティだと自覚している方
・ コンピューターサイエンスに関するコースを一つ以上終了している方(独学、オンラインで学習中の方も可。必ずしもコンピューターサイエンスに在学中、学位取得済・予定である必要はありません)
・ 現在大学・大学院に在籍しており2022年以降に正社員として入社が可能な方、もしくは既に卒業され1〜3年程度の就業経験をお持ちの方
・ 2021年8月〜9月の2ヶ月間、週3日以上、日本時間10時〜19時の中でBuildインターンシップに参加できる方。一日の勤務時間は相談可能です。
・ パソコンとインターネット環境をお持ちの方(Buildトレーニングプログラムに参加するために必要となります。Buildインターンシップでは会社がパソコンを支給します)
※Buildインターンシップは有給です。現在他社で就業中の方は就業先で副業可能かご確認の上、ご応募ください。

そのほか、詳細の応募条件や必要言語など、詳細は以下募集ページよりご確認ください。

※応募締め切り:3月31日(水)

昨年の参加者の声

前回のBuild@Mercariに参加した@Yurieさんと@u-ponさんから、ひと言もらいました。なお、当時のBuild@Mercariの様子はこちらよりご覧ください。

コメントをくれた2人※画像をクリックしてコメントをチェックしてみてください!


  • @Yurie

    自分の専攻分野や学位に囚われず、ソフトウェアエンジニアリングに興味を持つ方に是非参加して欲しいと思います。私自身、経済経営を専攻し、コンピュータサイエンスの分野を主に独学で身につけていました。そんな中、同じ志を持つ仲間、そして、実際にソフトウェアエンジニアとして活躍するメルカリメンバーと共に知識を吸収し、実践に繋げられたことは、現在ソフトウェアエンジニアとして活躍する中で自信に繋がっています。後半に続くインターンシップは、メルカリの国際的な環境で大規模なマイクロサービスの開発に関わりました。また、自分の専攻分野を活かせるような社内ハッカソンに参加したりなど、自分の個性を最大限に活かしながらエンジニアとして成長をすることができました。みなさんにも是非、自分の専攻分野に囚われず、自分の個性や独自の視点をエンジニアリングに活かせるような機会にしてほしいと思います。

  • @u-pon

    これまで、ソフトウェアエンジニアを志すひとが実務経験を得ようとするとき、現役の学生であること、CS系の学部で勉強をしていること、ある程度実務に近しい経験をもっていること、等々が有利に働き、それらの属性を持たないひとにはなかなかチャンスが回ってこないのは当たり前のことでした。それらの枠にとらわれず門戸を開き、学歴や性別による違いを意識することなくみな平等に学べるBuild@Mercariは本当に先進的な取り組みであり、参加することができて本当によかったと思っています。トレーニングプログラムとインターンシップを経て、エンジニアとして活躍するためのたくさんの知識、経験を得ました。また、その中でも共に様々な苦しみを乗り越えて学んだ仲間は欠かすことのできない、かげがえのない存在です。一人でも多くの人にBuild@Mercariの存在が伝わり、そしてこの機会を獲得することを願っています。


オンライン説明会

最後に、もっとBuild@Mercariについて知りたい!という方を対象にオンライン説明会を開催します。参加ご希望の方は、以下リンクよりお申し込みください。

この記事に関連する求人情報 募集中の求人の一部をご紹介します 🙌

求人一覧を見る
別サイトに移動します

関連記事 サクッと読める!✨

メルカリ「Summer Internship for Engineer 2019」の募集を開始しました! #メルカリな日々

第3回 #MercariHackWeek 終了、Award受賞したチームを発表します!#メルカリな日々

開発業務をストップしてエンジニアがやりたいことに向き合う一週間 #MercariHackWeek の受賞結果を発表! #メルカリな日々

関連記事 読み応えアリ✨