時間管理の仕方、ロールモデル…活躍する女性メンバーによるパネルトークイベントレポート #メルカリな日々

こんにちは!Talent Acquisition Team(採用チーム)の@harunakです。

先日、メルカリでは「Mercari’s Women in Tech vol.5」を開催しました!

「Women in Tech」とは、テックカンパニーで活躍する女性にフォーカスをあて、情報交換やナレッジの共有し合う目的で開催しているオンラインイベントです。

今回のゲストは、現在アクセンチュア社にてインタラクティブ本部でマネジャーとしてご活躍されている佐藤里菜さん(Ms. Rina Sato)。グローバルプロジェクトを推進される中、社内のI&D*活動にも携わり、特にクロスカルチャー領域での活動を運営委員会メンバーとして推進されています。
*D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)ということが多いですが、アクセンチュア社ではI&D(インクルージョン&ダイバーシティ)という表現が使われています

メルカリからはモデレーターとして、やさしいコミュニケーションを担当する@Mazが参加。メルペイからは、2021年3月よりBackendチームのエンジニアリングマネージャーになった@micchieとHRBPとして育児とキャリアの両立をしながら活躍する@mayaが参加しました。

5回目となる今回は、@Mazよりのアイスブレイクからメルカリのビジネス、そして「やさしいコミュニケーション」を紹介。その後、3名のマネージャーより、4つのテーマについてパネルディスカッションを行いました!(思いがけぬアクシデントもありましたがそこはご愛嬌!)

今回のテーマは「キャリア変遷・管理職の経験・時間管理の仕方・ロールモデル」の4つ。この中でも特に印象深かったテーマ「ロールモデル」パートを抜粋してご紹介します。

@Maz:みなさんはどのような方をロールモデルとしてみていますか?

@Rina:「人間性を磨けるロールモデル」ですね。ロールモデルに対する考え方は人それぞれで、ロールモデルが見つかりにくいという声もあります。自分にとってはロールモデルの存在がこの5年のアクセルだった。ロールモデル=キャリアではない。その人の普遍の変わりえないアイデンティティが自分にとってロールモデルを考える上での軸。キャリアだけにとらわれず人間性を磨けるロールモデルを見つける、という考え方もあるんです。

@maya:私は「いっぱいのロールモデルを」です。1人ではなく、いっぱいロールモデルがいた方が良い。1人にとらわれず、男女問わず、「よいなぁ」という面を持っているいろいろなロールモデルをみつけて補っていけると良いと思います。

@micchie:「ロールモデルって尊敬」です。この人!と対象狭めたり、親しい属性で探すことにとらわれると母数がすくなくなることもある。ロールモデルっていうのは「尊敬」できる人であることがベース。尊敬している人はたくさんいます。色んな人の素敵なところ、良いところを取り入れたいなと感じていますね。

その後、モデレーターの@Mazのコメントがとても良いのです!ぜひ、こちらからご覧ください!

ロールモデルに対するオープンな考え方はまさにD&Iを推進する企業をリードする方々ならではですね。

このセッションは女性やテック業界に限ら、ず様々な業界やバックグラウンドの方にご参加いただきました。80名を越す参加者よりLiveChatで積極的な質問もあり、大変盛り上がりました!登壇したメンバーの軽快なトークと温かさ溢れるファシリテーションで、大盛況のうちに幕を閉じました。

次回のWomen in Techはどんなトピックとなるのか、今から楽しみです!ちなみに、過去開催分のイベントはこちらの記事からチェックできます。

それではまた、#メルカリな日々で!

関連記事 サクッと読める!✨

神山まるごと高専(仮称)×メルカリで「D&I推進における学校教育パートナーシップ」が始動!9月に開催予定のイベント詳細は? #メルカリな日々

マイノリティも働きやすい職場をつくるには? LGBT+活動家と考える「With エンパシー&インクリュージョン」レポート #メルカリな日々

「“見たいと願う世界への変化”をあなた自身が起こしなさい」Mercari’s Women in Tech vol. 4レポート#メルカリな日々

関連記事 読み応えアリ✨